食道がんの名医をお探しなら福岡市内の消化器内科へ―りょうすけ内科外科コラム

食道がんは早期発見が非常に重要な病気であり、専門的な治療を必要とします。福岡市内で、食道がんの発見、治療のできる病院をお探しなら、消化器内科外科の専門医がおすすめです。食べ物が飲み込みにくい、喉の痛みが続くなど食道がんの初期症状が現れた場合、消化器内科外科を受診されることをおすすめします。今回は、増えている食道がんについて、症状や治療について書いていきます。

1.食道がんとは

食道がんは、食道の細胞が異常を起こし、無制限に増殖することによって発生するがんです。食道は、口から胃へと食物を運ぶ管状の臓器です。食道がんは、その発生場所によって主に「扁平上皮がん」と「腺がん」の二つに分類されます。

⑴発生原因

食道がんの発生原因は複数あり、以下のようなリスクファクターが知られています。

・喫煙とアルコール消費: 喫煙と過度のアルコール消費は、食道がんのリスクを著しく高めます。

・胃食道逆流症: 胃酸が食道に逆流する病気で、長期間にわたる胃食道逆流症は食道の下部にある扁平上皮細胞を傷つけ、腺がんのリスクを高めることがあります。

・不健康な食生活: 果物や野菜の摂取が少ない食生活は、食道がんのリスクを高める可能性があります。

・肥満: 過体重や肥満も食道腺がんのリスクを高めるとされています。

  • 生存率

食道がんの生存率あまり芳しくなく、早期発見と治療が重要です。食道がんは初期症状が少ないため、診断が遅れがちであり、発見時には進行していることが多いです。そのため、治療の成果は発見の早さに大きく依存します。早期に発見し治療を開始すれば、生存率は大幅に改善しますが、進行がんの場合、治療は困難となり、生存率は低下します。

  •  患者数の増減

世界的に見ると、食道がんの患者数は増加傾向にありますが、日本では食道がんの検診技術の向上や予防意識の高まりにより、早期発見が進んでいます。このような取り組みは、食道がんの治療成績を改善し、長期的には患者数や死亡率の低下に寄与する可能性があります。

とはいえ、食道がんのリスク要因である過度のアルコール摂取や喫煙、そして食生活の変化などは依然として問題となっています。これらの要因を減らすことは食道がんに限らず、健康な生活には必要です。

2. 食道がんの初期症状

食道がんの初期症状は、しばしば見過ごされがちですが、早期発見が治療成功の鍵を握ります。以下は、食道がんの初期段階で現れる可能性のある症状です:

⑴食べ物の通過が困難になる(嚥下困難)

食道がんの最も一般的な初期症状の一つは、食べ物を飲み込む際に違和感や困難を感じることです。最初は固形物が通りにくいと感じることが多いですが、がんが進行すると液体を飲み込むのも難しくなることがあります。

⑵ 胸や喉の痛み

食べ物を飲み込む際に胸や喉に痛みを感じることがあります。これは、食道の内壁にがんが形成され、食べ物が通過する際に痛みを引き起こすためです。

⑶体重減少

食べ物を十分に摂取できないため、意図せずに体重が減少することがあります。これは嚥下困難による食欲不振や、がんそのものがエネルギーを消費しているためです。

  • 倦怠感

食道がん患者は、栄養摂取が十分でないため、またはがん自体によって、一般的に倦怠感を感じることがあります。

  •  咳や声のかすれ

がんが声帯に影響を与える場合や、食道と気管の間に異常が生じる場合、咳や声のかすれが生じることがあります。

これらの症状は、食道がん以外の疾患でも見られることがありますが、症状が現れた場合は、早めに医師に相談することが重要です。他の病気であっても、早期発見と早期治療により、治療の成功率を大幅に高めることができます。

3.食道がんの治療できる病院やクリニックをお探しの方へ

食道がんの診断及び治療において、治療できる病院やクリニックをお探しの方は、まず消化器内科外科の専門医を探すことから始めましょう。この分野の医師は、食道がんの早期発見や進行状態の評価、最適な治療法の選択に関して豊富な知識と経験を有しています。

しかし、技術的な能力だけでなく、患者様の不安や心配に寄り添い、丁寧に説明を行い、心のサポートもできる医師の選択が重要です。患者様一人ひとりの状況に合わせた治療計画を提案し、信頼関係を築きながら治療を進めていくことが、治療成功のカギとなります。

食道がんの治療ができる病院やクリニックを見つけるためには、病院の評判や専門医の経歴、患者様からのフィードバックを参考にすると良いでしょう。患者様とのコミュニケーションを大切にし、最良の治療法を提案できる医師を見つけることが、食道がんとの闘いにおいて非常に重要です。