りょうすけ内科外科

092-865-2700

〒814-0153 福岡県福岡市城南区樋井川2丁目9-15

胃カメラ・大腸カメラ Web予約はこちら

りょうすけ内科外科

電話アイコン電話する アクセス

肛門疾患・痔など

Medical guidance

肛門疾患・痔などMedical guidance

痔の種類

痔核(じかく)(いぼ痔)

肛門のまわりの静脈の血流が悪く、うっ血し、静脈が拡張したものが痔核(じかく)です。発生する場所により、内痔核外痔核に分けられます。

内痔核(ないじかく)

肛門疾患・痔

はじめは出血があるだけですが、進行すると痔核が肛門の外に脱出するようになります。
初期の痛み、出血、腫れなどの急性症状は薬を使ったり、お風呂に入ったりして、うっ血や炎症がとれれば治まります。しかし、痔核が簡単に脱出する場合や脱出した痔核がもどりにくい大きさになる場合などは、手術やアルコール硬化療法などの治療が必要となります。

外痔核(がいじかく)

血の塊ができ、突然腫れて痛みがでます。薬により治りますが、大きく、痛みが強いもの(座れないなど)は切除するか、血の塊を取り除く必要があります。

≪日常生活の注意点≫

  • 1 便秘をしない
  • 2 下痢をしない
  • 3 排便時間を短くする
  • 4 患部を冷やさない
  • 5 肛門をいつも清潔にする
  • 6 軽い運動をする
  • 7 腹圧のかかる姿勢を長時間とらない
  • 8 アルコールはやめること
裂肛(れっこう)(キレ痔)

肛門疾患・痔

肛門が切れたものが裂肛です。固い便の通過や、肛門の無理な広がりによって起こります。初期では排便時の痛みと少量の出血があります。進行すると、排便後に長時間痛みが続くようになります。また裂肛は痔瘻になることや、肛門が狭くなることもあります。
投薬や、便秘をしないようにすれば、裂肛は治まりますが、慢性化したものは手術が必要です。

≪日常生活の注意点≫

  • 1 便秘をしない
  • 2 患部をいつも清潔にする
  • 3 アルコールはやめること
痔瘻と肛門周囲膿瘍(じろうとこうもんしゅういのうよう)

肛門疾患・痔

肛門の奥から細菌が入って、肛門のまわりが菌に感染し、肛門の奥とお尻の表面(肛門の近く)に通り道(痔瘻)ができ、そこに膿(膿瘍)が溜まったものが肛門周囲膿瘍です。肛門周囲膿瘍は痛みが強く、膿が多くなると熱も出ますので、切開が必要です。また、痔瘻は薬では治らず、化膿を繰り返し、経過が長ければ、がん化することもありますので、手術が必要です。

≪日常生活の注意点≫

  • 1 下痢をしない 
  • 2 膿瘍は切開を受ける(早い時期に根本手術を受けるようにしましょう)
  • 3 アルコールはやめること

痔の予防

痔になる要因として、便秘が多く見受けられます。
そこで便秘改善のポイントについて、以下まとめておりますので、是非ご参考ください。

便秘改善のポイント
  • 1 便意を我慢しない
  • 2 食物繊維を多くとる
  • 3 軽い運動をする
  • 4 ストレスを解消する
  • 5 睡眠は十分にとる
  • 6 朝起きたらコップ1杯の水を飲む
  • 7 一日三回、規則正しく食事をとる
  • 8 下剤は正しく使う
食物繊維の多い食事例

※食物繊維の一日の必要量は25gです。

  • 麦ごはん
  • 納豆
  • ひじきの炒め物
  • ライ麦パン
  • かぼちゃのうま煮
  • 五目豆
便秘を悪化させる食品
  • 渋い茶、ココア、渋柿、赤ぶどう酒 ※多量のタンニンが便秘を悪化させます。
  • 肉類に偏った食事 ※消化吸収が良いため、便の量が減少し、大腸の働きが弱くなります。